人生は道路の様なものだ、一番の近道はたいてい一番悪い道だ。

フランシス・ベーコン(イギリスの哲学者、神学者、1561~1626)

誰しも、出来れば楽をしたいものです。

一番楽な道を歩きたいです。

でも、それは誰もが思っていることで、

一番の近道は、結局一番多くの人が選ぶ道です。

人が多すぎて中々前に進めなかったり、

道がぼろぼろに傷んでいることも多いです。

野球のイチロー選手はこう言っています。

小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だ。

It is in life as it is in ways, the shortest way is commonly the foulest, and surely the fairer way is not much about.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。