ゴールまでの道のりは皆が42.195kmじゃない。

川島永嗣(日本のサッカー選手、1983~)

2010年にベルギーのクラブチームに移籍して自らの意識が変わったという川島永嗣

「ゴールを守る感覚っていうのは、日本にいた時とは全然変わった。攻撃的にいかないと認めてはもらえない。」

ゴールを守るのがキーパーの仕事だと考えていたものが、

「ヨーロッパのリーグでは攻撃的にいかないとスタジアム全体がブーイングしてくる。それが分かったことで海外に出たかいがあった。」

皆が同じ距離を走るのでも、同じ道を歩むものでもない。

「自分の走りたい道を、自分の距離で走った時が一番気持ちいいんじゃないのかな。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。