失敗者が何をして失敗したかよりも、成功者が何をして成功したのか学びなさい。

ピーター・ドラッカー(オーストリア出身の経営学者、1909-2005)

失敗から多くの事を学ぶことがでいるという名言は古今東西数多くあります。

しかし、ドラッガーは、人の成功から学べと言っています。

失敗は学ぶものではなく、経験することが大事であり、

行動の伴わない失敗には意味がない。

そして同時にこうも言っています。

「成功してきたのと同じ貢献を続けていたのでは、失敗する。」

人は評価されると、評価された事を繰り返そうとします、

しかし、その結果新しい環境に対応できなくなることもあります。

何を学び、どう行動するのか、ドラッガーはこう示しています。

間違いや失敗を 犯したことのない者というのは、単に無難なこと、安全なこと、つまらないことしか、 やってこなかっただけである。
 逆に優れている者ほど、 数えきれない間違いを犯すものであり、これは常に新しいことに挑戦している証拠である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。