必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ

織田信長(戦国大名・1534~1582)

大きな失敗をしてしまったからといって、

人生の評価が決まるわけではありません。

例え失敗したとしても、

それが誰かの背中を押すこともあります。

大事なのは、成功したかどうかではなく、

どれだけ必死に生きたかにつきます。

どんなに苦労が無い人生だとしても、何もしなければ何も生み出すことはできないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。