憂鬱でなければ仕事じゃない

見城徹(日本の編集者、1950- )

憂鬱なこと、誰もが嫌がること、

それをするのが仕事だと見城さんはいいます。

自身が、憂鬱なことを3つ以上抱えてないと不安になるという性分なようで、

それが、結果として成功につながったそうです。

だれもがお金が欲しい、

だれもが楽をしたい、

殆どの人はそこを目指します。

しかし、どんなに儲かる仕事でも、

どんなに楽な仕事でも、

結局人が集まれば競争や軋轢が生まれ、

簡単ではなくなっていきます。

以前、ある芸人さんが芸能界に入った理由を問われ、

楽しく仕事をして多くのお金がもらえるから。

と答えていました。

しかし、現実は甘くはなく、楽な仕事など無かったそうです。

結果その芸人さんは芸人を止め、田舎に帰って実家を継いだそうです。

「楽な仕事なんてこの世にはない」

 

 

One thought on “憂鬱でなければ仕事じゃない”

  1. 何もない人生は、つまらない。
    平和ボケしてしまいそうだ。
    ある程度のストレスは、必要だ。
    自分の頭で考え、それが正しければ、それでいい。
    常に悩みのたねを抱えながら、人は、努力している。幸せそうに見える人ほど、苦労している。
    隣の芝は、見ない。比べない。
    苦しい時こそ、自分を信じる。
    乗り越えられる時が必ず訪れる。
    今日、生きていることが、奇跡だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。