「自分なら世界を変える事が出来る」そんなことを本気で信じた人達が、この世界を変えてきたのだ。

スティーブ・ジョブズ(アメリカの実業家1955-2011)

1997年にアップルのCMで使われた言葉です。

「多くの人が、世界は変えられない、普通の人生を送るのが当たり前だと教えられて育ちます。
 
 素敵な家庭を持って、人生を楽しむ。

 しかし、それは人生のほんの一部でしかありません。

 人生は遥かに広大なものなのです。

 この世界も誰かが作り上げてきたものです。

  今あるものが全てじゃないし、絶対的なものではないんだ、人生とは変えられるものなんだ。」

The people who are crazy enough to think they can change the world, are the ones who do.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。