金がないから何もできないという人間は、金があってもなにも出来ない人間である。

小林一三(日本の実業家、政治家、1873-1957)

宝くじに当たった人を見れば、

自分も買っておけばよかった。と思うもの。

ビジネスで成功した人を見れば、

自分も同じことをやっていればお金持ちになれたのに・・

そして、株価が上がった時は、

自分も買っていれば儲かったのに・・と誰もが思うもの。

しかし、小林一三はお金があるかどうかは関係ないといいます。

自身も、失業中の身でありながら、鉄道の可能性を見抜き、

当時の北浜銀行を説得して現阪急電鉄を設立し成功します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。