多くの場合、諦めてしまう理由は、自分には何の力もないと思ってしまうことだ。

アリスウォーカー(アメリカの作家・ 1944-)

誰かが成功した時、

同じ事を成し遂げようとしたライバルたちが多くいたはずです。

しかし、成功した人は、他の多くの人が諦めてしまった場所でも諦めずに前にすすめた人でもあると言えます。

「自信を持つ為には根拠が必要だと思っているから持てないのです。自信というのはただ自分を信じることなのである。」

という名言もあります。

プロ野球選手は4月から9月に生まれてた人の方が、10月から3月に生まれた人よりも遥かに多いそうです。

子供の頃、他の同級生より成長が早い分、スポーツの成績がいいことが多く、

その結果、自分には才能があるという根拠のない自信が生まれ、

その後、大きな結果に繋がっているのではないでしょうか。

 

「多くの場合、諦めてしまう理由は、自分には何の力もないと思ってしまうことだ。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。