恥を繰り返して強くなるんだよ。っていうか恥もかかずに強くなれると思うな!

日本テレビ系『3年A組 今から皆さんは、人質です(第5話)』

モデルの仕事をもらうために不良集団のリーダーと付き合っていた今田美桜演じる諏訪唯月が、

「もう後には戻れないからやるしかなかった」と告白したことに対して、

菅田将暉演じる教師の柊一楓が言った言葉。

「後戻りしてもいい、かっこ悪くてもいい、恥をかくことが間違っている訳じゃない」

ちなみに、ドラマの脚本では「恥を繰り返して強くなるんだよ。」としか書かれていなかったようで、後半の部分は菅田将暉さんのアドリブだそうです。

第4話でも柊一楓は、

「お前が抱いた悩みや苦しみを誰かにぶつけたか?仲間に、クラスメートに、教師に、どうしてもダンスがやりたいから誰か助けてくれって、お前は縋ったか?」

と語っており、恥をかく事、失敗を経験することの重要性を訴えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。