人間がこの世に生まれてくるのは、金持ちになるためではなく、幸福になるためである。

スタンダール(フランスの小説家、1783-1842)

裕福な家庭に生まれてきたスタンダールは、お金に不自由することはありませんでしたが、

7歳の時に最愛の母を亡くしたうえ、父とは折り合いが合わず、

名門の大学に通うも、すぐにやめてイタリアに移住し、

そこで金銭的な充実の無力さを悟ります。

お金は間違いなく人生に必要不可欠なものですが、

あくまでも幸せに生きるために必要な物であり、

お金を稼ぐことが人生の目的ではないとスタンダールは言っています。

人より多くのお金をもっているからといって、人より幸せになれる保証などどこにもないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。