身の回りには危険なものが溢れている。そう思えるのはいい兆候だ、その向こうにある何かに、まだ誰も手を出していないということなのだから。

スティーブ・ジョブズ(アメリカの実業家1955-2011)

ジョブズはあらゆるものを自らの手で切り開いてきた経営者です。

多くの部下が、

「それはリスクが高すぎるので、手を出すのは危険です。」

と反対したことでも、自らが正しいと思えることは貫いて、多くの結果を生み出してきました。

その過程で、多くの仲間が彼の元を離れ、

数多くの批判も受けました。

しかし、誰もが正しいと思える事は、

裏を返せば誰でも出来る事でもあります。

英語圏に伝わる名言で、

「A cat in gloves catches no mice.リスクを取らなければ何も成し遂げられない」

という言葉があります。

そして、誰もが安定を望んだ結果生まれたものが、社会主義国家だったりもします。

ジョブズと同時代に生きたビル・ゲイツも言っています。

「リスクを負わないのが最大のリスクである」

 

「リスクはとてもいいことだ。そのリスクの向こう側を見てみると、大きく化けそうだと思えてくる」

One thought on “身の回りには危険なものが溢れている。そう思えるのはいい兆候だ、その向こうにある何かに、まだ誰も手を出していないということなのだから。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。