苦しみから逃れる唯一の方法、それは許す事である。

ジョン・マイケル・グリーン(アメリカ合衆国の作家、教育評論家・1977-)

The only way out of the labyrinth of suffering is to forgive.

許せない人、許せないことはだれにでもあります。

しかし、憎み続ける事で自分が苦しむことにもつながります。

もちろん言わなければならないこと、やらなければいけないこともあります。

しかし、負の感情を持ち続ける事で、あなた自身が失うものは大きくなっていき、

不幸や苦しみの連鎖に陥ってしまいます。

許すことは人の為ではなく、自分の為なのです。

「許すことは決して相手を肯定することではありません。」

 

そして、許すのは他者だけではありません、

さらに大切な事は、自分自身を許すこと。

後悔や大きな失敗は辛いものです、

忘れる事はできません。

しかし、それを許すことはできます。

過去に縛られるのではなく、未来に向かって歩きだすことができること、

それが「許す」という事なのかもしれません。

最後に90歳の保育士さんの名言を紹介させてください。

今が幸せだと、昔の苦しかったことや恨み事があったからこそ、今の自分がいると思えてくる。

もしかすると、過去を許せたから今が幸せと思えるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。