鐘が鳴る前は報われない時間がある。

西野亮廣(日本のお笑い芸人、絵本作家、1980-)

平成30年度近畿大学卒業式にて、卒業生に贈った言葉。

「今。『チックタック~約束の時計台』という時計の物語の絵本を作っていて、時計ってとても面白いんですね。長針と短針があって、あいつらは一時間に一回必ず重なる時があるんですね。

毎時重なるようにできているんですけど、11時台だけは重ならないんですね。短針が先に逃げ切っちゃって二つの針が重ならない。

次に二つの針が重なるのは12時、鐘がなる時なんです。

皆さんに伝えたいことは何かというと、

鐘が鳴る前は報われない時間があるという事。

僕にもあったし、これから皆さんにも必ずある。

人生における11時台というのは必ずある。

でも大丈夫、時計の針は必ず重なる。

だから挑戦してください。

皆さんの挑戦がうまくいくことを願っています。

 

夜明け前が一番暗い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。