恥をかいた分だけ自由になれる

堀江 貴文(日本の実業家、1972-)

恥をかきたくないから、

社会の中で当たり前の事、

人から笑われない事をし、

そのために自由が奪われてしまう。

背中から指をさされても、

自分が追い求める場所へとつきすすめる、

それが自由だと堀江さんは言っています。

「あなたが多動になるための最大のハードルは「他人にどう見られるだろう?」という感情だ。はっきり言おう。誰もあなたには興味がない。好きなように生きて、思いっきり恥をかこう。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。