蓮の花の値打ちは、泥の中で育っても、汚れず染まらず、美しい花を咲かせ保ち続けること。悩みや苦しみは自分を鍛えるチャンスです。


美輪明宏(日本の歌手・俳優、1935-)

蓮の花は早朝に開き、昼には閉じてしまいます。

そして4日目には花弁が全て落ちて散ってしまいます。

その儚さから、多くの宗教の神話にも登場します。

三輪さんの言葉にもあるように、蓮は泥水を好み、

水が濁っているほど美しく咲きます。

さらに、特殊な構造からロータス効果という性質を持ち、

自然界のどんな汚れや色にも決して染まることは無いと言われています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。