勉強が嫌ならやめなさい、勉強は贅沢なのだから。

林修(塾講師 1965ー)

TBS系列「林先生が驚く初耳学」にて、予備校で講師をつとめる林先生が、勉強が嫌いという生徒に対して言っている言葉。

「両親が面倒をみてくれて、学校に行かせてくれるだけでなく、高い授業料を払ってくれる恵まれた環境にいる。それなのにやる気にならない。そんな、自分がいかに恵まれている環境にいるかもわからない、そんな人間が勉強をしても意味がない」

林先生が東京大学にいる時に先生に言われた言葉だそうです。

「世界の多くの国では、勉強をしたくても、家が貧しくて、働かなければならない子がたくさんいる。」ということを理解することが、勉強に対するモチベーションのアップにつながるとおっしゃっています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA