失敗したことがない人間というのは、新しいことに挑戦したことのない人間だ。成功者になるためではなく、価値のある者になるために努力せよ。

アルバート・アインシュタイン(ドイツ生まれの物理学者・1879-1955)

多くの失敗をし、多くの批判も受けたアインシュタイン。

努力すれば必ず得られるものよりも、価値のあるものを生み出す努力が大事だといっています。

成功した人と同じことをすれば成功者になれる、

しかし、誰かが新しいことにチャレンジしなければ社会は前には進まない。

「どれだけ失敗したか」

それこそが人の価値を決めるのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA