歳を取るとさ、大事なものの順番を入れ替えられなくなるんだよな。

天気の子(新海誠監督による日本のアニメ映画)

若いころに家を飛び出した須賀圭介。

東京で会った明日花と結婚するが、若くして明日花は他界してしまう。

子供の親権も、義理の祖母に握られていることもあり、

主人公帆高にビールをおごらせたり、安月給で働かせたりと、

自堕落な生活をしている。

そんな圭介がバーで寝ていたところを、(「明日花」と寝言を言った後)

姪の夏美に起こされた際に言った言葉。

 

次第にそんな自分を、ヒロイン凪を想う帆高に重ねていきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA