人間には人生に失敗する権利がある

2001年公開フランス映画「アメリ」

絵描きである隣人のデュファイエルが、

ルノアール「舟遊びの昼食」に描かれている少女がどこを見ているのかわからない。

とアメリに問いかけたところ、

「この娘は、好きな男性に声をかけられず、今作戦を練っているところなの。」

と答えたアメリに対して、

「そのやり方は、ちょっと卑怯だ。だから、娘がどこを見ているのか分かりにくいのだ」

と、間接的に今のアメリの状況を批判されてしまう。

そのあと、アメリが見ていた外国映画に出てくる俳優のセリフ。(実際はアメリの妄想)

不当な干渉だ、赦し難い。
デュファイエルの奴。
アメリの自由だ。
夢の世界に閉じこもり、
内気なまま暮らすのも彼女の権利だ。
人間には人生に失敗する権利がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA