天才とは99パーセントの努力を無にする1パーセントのひらめきのことである

ニコラ・テスラ(1856-1943・クロアチアの発明家)

当時ライバルであったトーマス・エジソンの「天才とは1%のひらめきと99%の努力のことである」と対照的な発言として残っています。

ただ、一説によるとエジソンは努力の重要性を説いたのではなく、

元々、「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」と、

ひらめきの重要性をといた発言をしていたという説があります。

エジソンの元で働いていたこともありましたが、

エジソンは直流電気方式、テスラは交流電気方式を選び、

現在は全世界で交流送電が使われています。

ちなみに、蛍光灯もテスラの発明です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA