映画「DINER(ダイナー)」

天才料理人ボンベロのもとで働くオオバカナコ。

しかし、ボンベロはある客に対して毎回不完全な料理を出していたことから、

ある日、その客のためにカナコが完璧な料理にして提供してしまう。

その後、カナコに対してボンベロが言った言葉。

夢や希望は叶わないからこそ意味があり、

もし満たされてしまったらそこで終わってしまうのかもしれません。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA