クリストファー・コロンブス(1451-1506・イタリア出身の探検家・航海者)

当時のヨーロッパでは地球は球状であろうという意見が多くなっていましたが、

正確な距離も不明確で、実際に船員たちの多くは地球は平面だと思っている状況でした。

また、大西洋には島が少なく、果たして陸地にたどり着けるのかという不安の中での出航であり、まさに死と隣り合わせでした。

まだ誰も成し遂げていない事を始めようとするときは、その恐怖を抑え込むだけの勇気が必要だとコロンブスはいっています。

You can never cross the ocean until you have the courage to lose sight of the shore.

ちなみに、誰にでもできそうなことでも、最初に行うのはむずかしいという逸話の「コロンブスの卵」というものがありますが、

実際はイタリアの建築家ブルネレスキのエピソードからきているようです。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA