無駄方便

誰の目から見ても無駄だと思うことでも何かの役に立つことがあるということ。

将棋会のトップに君臨し続けている羽生善治さんはこういっています。
「自分の中に正確な羅針盤は無いのかもしれない。だけど、無駄なことや失敗したこと、遠回りをした経験の積み重ねが、進むべき道の方向性を見誤ることを少なくしてくれる。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。