ある時点を越えると、もう引き返す事が出来なくなる。そここそが到達すべき点である。

フランツ・カフカ(オーストリア出身の小説家1883-1924)

人は怠けてしまう生き物です。

「今日だけは休もう」

「明日から始めよう」

そういった言葉を理由に、いつまでたっても始めれない人は多いです。

安全な場所、居心地のいい場所から動くのは怖いです。

しかし、偉業を達成した偉人とよばれる人は、苦境に生きてきた人ばかりです。

「自分にはこの道しかない」

「もう逃げ場はないのだ」

そういう場所に身を置く事こそが、人を動かす原動力になるのかもしれません。

英語原文
From a certain point onward
there is no longer any turning back.
That is the point that must be reached.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です