何もしないのは、何かをするよりも苦痛である。

英語のことわざ

原文
It is more pain to do nothing than something.

つらいときや苦しい経験をした時、人は何もしたくなくなります。

傷を癒そうと休息をとることは確かに大事です。

しかし、何もしない時間は必要以上に物事を深刻に考えてしまいがちです。

動き出さなければ前には進めません。

立ち止まることで、結果的に疲労がたまってしまうこともあります。

少しずつでも前に進んでいけば、新たな道が見えてくるかもしれないのです。

「何もしないのは、何かをするよりも苦痛である。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です