発して中らざる時は、則ち己に勝つ者を怨みず。反ってこれを己に求むるのみ

弓道の名言

勝負に負けてしまったとき、自分を打ち負かした人間を恨んだり、妬んでしまうことがあります。

こんなはずでは、運が悪かっただけだ、あいつさえいなければ・・・

負けた言い訳はいくつでも見つかります。

しかし、いくら外の世界に理由を見つけても、その人が成長することはありません。

負けた理由を自分の内に問いかけ、自分と向き合うことで初めて成長できるのです。

「発して中らざる時は、則ち己に勝つ者を怨みず。反ってこれを己に求むるのみ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です