大切なものは、いつも失ってからその価値に気づく

もしかしたら、限りがあるからこそ、人は何かを大切に思うことができるのかもしれませんね。» 続きを読む