何も質問しない人は、何でも知っているか、何も知らないかのどちらかである。

マルコム・フォーブス(経済紙フォーブスの発行人 » 続きを読む

無知な人間を議論で負かすのは不可能である。

ウィリアム・ギブス・マカドゥー・ジュニア» 続きを読む

議論は知識の交換であり、口論は無知の交換である。

ロバート・クィレン(アメリカの作家 » 続きを読む

馬を水場まで連れて行くことはできるが、無理やり水を飲ませることはできない。

英語の諺» 続きを読む

井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る

前半の「井の中の蛙大海を知らず」は、中国の思想家荘子の「秋水」からの引用ですが、後半の「されど空の青さを知る」は、原文にはないので、日本に入ってきた後に誰かが付け加えたという説が有力です。» 続きを読む

父親は、自分も大学に行ったからという理由か、もしくは自分が大学に行かなかったからという理由のどちらかで息子を大学にやる。

L・L・ヘンドレン» 続きを読む

我々の知識は、大きな無知の海に浮かぶ小さな島である。

アイザック・バシェビス・シンガー(1904-91 » 続きを読む

誰からも良い人だと思われることを目指すと、誰からもどうでもいい人になってしまいますよ。だからこれからは、 嫌われる勇気を持ちなさい。

秋元康(» 続きを読む

実力の差は努力の差、実績の差は責任感の差、人格の差は苦労の差、判断力の差は情報の差、真剣だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言い訳ばかり、本気でするから大抵のことはできる、本気でするから何でも面白い、本気でしているから誰かが助けてくれる。

出展・正範語録» 続きを読む

大切なものは、いつも失ってからその価値に気づく

もしかしたら、限りがあるからこそ、人は何かを大切に思うことができるのかもしれませんね。» 続きを読む

惣じて器用だてをする者は不器用にて、分別だてをする者は無分別者なり、とかく手の外を致し、下より積られぬが誠の大将なり

織田信長(1534-1582 » 続きを読む